念願の人妻になれた

Posted 11月 27th, 2015 by bandfags

期限を設けておけば覚悟を持って出会い系サイトでの婚活できます。そして人妻になれます。出会い系サイトでの婚活という言葉が話題ですが、結婚相談所を介してお相手と出会うところまではいっても、どうすれば相手に気に入ってもらえるかがわからないとか、アピールの仕方がよくわからないという人もいますよね。しかしご安心を。そういう方のためにこそ相談所があるのです。結婚相談所ならば、経験豊富なアドバイザーがいるので、一回一回のデートのたびにアドバイスを受けることもできます。結婚までの道のりや、相手に求める条件など、一人一人に寄り添って相談に乗ってくれるので、まさに二人三脚で出会い系サイトでの婚活を進めてくれるような存在です。出会い系サイトでの婚活中、結婚相談所を利用して複数の異性と実際に合ってお話ししました。しかし、どの方も結婚相手として見ることが出来なくて、最終的に、すべてお断りさせてもらいました。出会った人によっては、私が理想の結婚相手なんだと考え違いをされている方もいて困ったのですが、自分で断る必要が無かったため、断る際に不快な思いを感じることもなかったです。結婚相談所に登録するとお金はかかるのですが、それでも普通のお見合いよりも後腐れが無いところが良かったと思いました。念願の人妻になれたわけですから。この数年は人妻になりたいなりたいと寝ても覚めてもずっと考えていました。その人妻になるという念願を達成できたわけですからこんなに嬉しいことはありませんよ。多くの出会い系サイトは人妻出会い系サイトとでも言われるような状態で、人妻が本当に多いというのも事実ですよね。

近ごろは居酒屋にも出会い系サイト婚活が出来るタイプのものがあるようです。異性を相席にして異性との交流の場を作ってくれるという訳です。アルコールと居酒屋の雰囲気のために、初めて会った相手でも対話を盛り上げることが出来ますよね。 Read more »

大いなるロマン

Posted 3月 21st, 2015 by bandfags

精子と卵子が幾多の困難をくぐりぬけて出会うことに成功すると受精が起きるわけです。受精が成功するのは、子宮から上に伸びている卵管の奥にある卵管膨大部と呼ばれる場所で、卵子と精子がタイミングよく出会うことができたときだけなんですよね。卵子の寿命は約1日といわれてます。そして精子の寿命は5日前後しかないようなんです。だから卵子と精子が卵管膨大部で出会えるチャンスはいくつかの少ないパターンでしかしかないわけです。ちょうどタイミングよく排卵したばかりの卵子のところへ精子がたどりついた場合。または、排卵が先にあって卵子の寿命があるうちに精子がたどりついた場合。その逆に、先に精子が待っていて、精子の寿命があるうちに排卵した場合ということになるわけですね。数々の試練をのり越えて卵管膨大部までやってきた精子がようやく卵子と出会うことができたとしても、受精できるのはその中のたった1つなわけですよね。卵子と出会った精子は、卵子の周囲にある包みを突破して、さらにその奥にある透明帯と呼ばれるバリアを突き破って卵子の中へ頭をもぐり込ませるわけですね。ようやく本当の意味で卵子に辿り着いたといえるわけですね。本当に大冒険と呼べるようなものですよね。出会い系サイトでお手軽に相手を探してセックスする、なんて行為とは程遠いほどの大いなるロマンがそこにはあるように感じます。
ミントメールでセフレ

身体と性についてのこと

Posted 1月 11th, 2015 by bandfags

ペニスの勃起を補助する陰茎骨というのが沢山の動物にはあるようなんですね。人間にはないわけですが。その陰茎骨は棒状やらせん状などさまざまな形のものがあってそのほとんどはペニスの先端部分にあるようなんです。ゾウアザラシの勃起したペニスは40センチ程度もあると言われていますが、その中には20センチほどの陰茎骨が入っているのです。他にはゴリラのペニスは、勃起時3センチのうち、陰茎骨は1センチほどしかないと言われています。ヒトに陰茎骨がないのは、ヒトのペニスは海綿体が発達したことで、十分な大きさと硬さを保ったペニスに勃起させることができるために陰茎骨が退化していったと言われていますね。朝立ちというのは、朝、ペニスが自然に勃起している現象のことを言います。膀胱にオシッコがたまった刺激で、朝立ちになると思っている人も多いようですが、それは正解とはいえないのです。オシッコの刺激というのは朝立ちした直接的な原因ではないのです。もしそうであれば起きているときでも、オシッコが膀胱にたまれば、いつも勃起することになってしまうわけですからね。

エチルアミンという脳内ホルモンが持続して作用すると恋愛感情も持続していくとある脳科学者が言っています。もちろんそういった恋愛のときでも一つの脳内物質だけで特殊な恋愛中の感情を作り出すわけではないようですが。いろいろな脳内ホルモンが作動し始めるということなのですね。エチルアミンによってオキシトシンという脳内ホルモンも分泌され、「一緒にいたい」「会いたい」という感情が作り出されるようです。恋愛で生物学的に重要な意味は一緒にいる時間を長くさせて生殖して子孫を残させるということです。だからエチルアミンとオキシトシンによって、一緒にいなければもうどうにもならないというような強烈な気持ちを作り出してしまうのですね。女性が抱かれたいという気分は、このオキシトシンの作用でもあるようですよ。あるいは抱かれることで安心感を得るという満足感に変わっていくのです。オキシトシンというホルモンが出ると、一緒にいて相手を抱いていたいという衝動が湧きおこり、抱くことによって更にオキシトシンが分泌されていくというサイクルになるようです。

娘の立場から考えれば、娘自身も、自分で自分を信頼していなければ、母親の信頼を勝ち取ることはできません。不安を感じている娘の手を、母親が放すはずがないのでの学校へ進学させたり、習いごとに精を出すよう強制するかもしれません。しかし、当たり前ですが子どもには子どもの希望や考えがあります。そのとき、親が自分の意見を取り下げ、子どもの思うようにさせようと決心するには、子どもに対して強い信頼感が必要ですよね。もしかしたらこの子は、仕事や将来についてきちんと考えていないのかもしれない。いまの勉強から逃げ出したいだけかもしれない。そもそも才能がないかもしれない。このような疑念を抱くのは当然ですが、厳しいことを言えば、それは子どもを信じていない証しであり、子どものやる気や才能を信頼していれば、応援できるわけです。何があっても、この子なら乗り越えていけると思ったとき、初めて親は子どもの手を放し、背中を見送ることができるのかもしれませんね。そういった母親の手放しがなければ、自分で素敵な出会いすら見つけることができないような状態になってしまうこともあるわけですから。

快感や苦痛という感情

Posted 11月 1st, 2013 by bandfags

常に苦痛か快感に気づいている。あなたは恐らく今この瞬間には、大して感じていない。しかし、あなたがよく感じるみじめな感情はあなたの選択であるという主張、また、思考は常に何らかの感情が伴っているという主張について、あなたは少なくとも、同意か反対かをしながら、考えている。あなたは、自分の感じていることに多くの場合、大して注意していなくても、常に何かを感じている。また、あなたの心臓は鼓動しており、肺で呼吸し、あなたの頭脳は働いている。すなわち、行為、思考、感情を選択するときに、常に生理反応もそこにある。行動は全体的である。全行動の概念を紹介したので、あなたが快感や苦痛という感情を選択していると言うときに、何を意味するかの説明ができる。このような事を理解できているか、できていないかで、一つ一つの行動後の気持ちというのはすべて変わってくるように感じます。今、もし不幸だと感じているなら、それは自分で不幸に能動的に持っていっている可能性も高いわけです。自分が不幸であれば大切な人を幸せにしてあげることなどできませんよね。広いこの世界で何らかの意味があって出会った二人だけの関係性を簡単に壊してしまわないように、幸せにたどり着く選択を意識してしていきたいものですよね。

何かを感じている

Posted 10月 30th, 2013 by bandfags

例えば、心臓の鼓動、肺の呼吸、脳の働きに関係のある神経化学物質の変化がある。これら四つの要素がすべて同時に機能しているので、自発的セレクション理論では、「行動」という言葉を「全行動」と言い換えている。「全」をつけるのは、常に四つの要素が行動を構成しているからである。行為、出考、感情、そしてそれぞれに関連した生理反応がそれである。行動のコントロールの仕方で「行動」というときも「全行動」を意味している。あなたが本を読んでいるときでも、座り、ページを繰り、口を動かす選択をしている。基本的にはこれがあなたの行為である。あなたはまた自分の読んでいるものについて考えている。そうでなければ、書かれている内谷を理解できない。実際には、行為しているとき、あなたはいつも考えている。 Read more »

間接的であっても選択

Posted 10月 29th, 2013 by bandfags

彼がより良い選択をすることができ、落ち込みをやめることができたのなら、精神病と呼ばれているような病気ではなかったと言えるのではないか。彼の頭脳には何の問題もなかった。頭脳はただ、より良い選択をすることを妨げていたのだ。落ち込みを選択することは、落ち込みがどれほどひどく長引いても、精神病ではない。すべての行動と同様、これも選択なのだ。歩いたり、話したりするような直接の選択ではないが、全行動の概念を理解すれば、すべての感情は、快感であれ、苦痛であれ、間接的な選択であることが分かってくる。間接的であっても選択であることに変わりはない。このことを納得してもらうために、ふだん「行動」という言葉を狭い意味で使っていることを説明しなければならない。行動とは、体を動かし、何かをすることである。この定義を受け入れ、もう少し深く考えてみたい。自発的セレクション理論の観点から言うと、体の動かし方が重要である。 Read more »

ほほ完ぺきに近い安堵の思い

Posted 10月 28th, 2013 by bandfags

彼が来たときに、妻とともにいる自分のイメージ写真を理想世界に拘っていた。彼が自覚していたのは、気分が悪いこと、気分を良くしたいということであった。みじめさをかこったまま無為に過ごすのをやめ、手紙を書いた後は、気分が良くなっていた。問題解決の可能性のあることを一つしたからである。言い換えれば、自分の人生をもっと効果的にコントロールできる何かを自分がしていると信じていたからだ。自分のもとから去っていった女性に愛情あふれる手紙を書くことは、みじめさを選択して何もせずにじっとしているよりも、はるかに効果的である。こうして彼は気分を良くしたのだ。後に、理想世界のイメージ写真を、妻から新しい婚約者に変えたとき、ほほ完ぺきに近い安堵の思いを抱いた。 Read more »

感情の犠牲者

Posted 10月 27th, 2013 by bandfags

落ち込むと、感情の犠牲者となり、どうにもならないと信じてしまう。強い落ち込みが長引くと、たいてい臨床的にはうつ病と呼ばれ、精神病と言われる。今日の一般的な考えによれば、精神病は、脳内化学物質の不均衡が原因とされる。気分を良くするために、患者は向精神病薬が必要であり、うつ病にほとんどの精神科医はすぐにプロザックのような薬の使用を考えるのです。しかし彼の治療に何らかの薬を使おうとは思わなかった。彼が精神病にかかっているとは考えなかった。彼は状況に対処するために落ち込みを選択したのだと考えた。薬を使わず、より良い選択を彼がする手伝いができると考えた。後に、彼に自発的セレクション理論を教えているときに、人は誰でも、誕生からこのかた、行動することしかできないと話した。自分の人生をふりかえり、行動していないときがあったか確かめてみるとよい。重要な意識下の行動はすべて、すなわち基本的欲求の充足に直結するすべての行動は、選択されたものなのです。 Read more »

精神的な援助

Posted 10月 26th, 2013 by bandfags

現実療法を使ったカウンセリングをするとき、今はクライエントに自発的セレクション理論を教えている。彼が妻に去られた痛みを克服し、新しい女性との関係を始めている間に、彼に自発的セレクション理論を教える機会があった。自発的セレクション理論は何が起こったのかを説明してくれた。彼は自分が学んだことを新しい女性にも話したと言う。二人にとってそれは良いスタートを切る助けになったようだ。彼には特に落ち込む選択について教えた。彼が次に同じように落ち込む選択をするような状況に直面したときに、あるいは、誰もがよく選択するような不幸な出来事に出会ったときに、どのようにしたらよいかを教えた。彼が来たときに、長い不幸な人間関係に関わっているか、もしくは、そのような人間関係を失ったか、どちらかであることが分かっていた。これこそ精神科医のもとにクライエン卜が訪れる唯一の理由とも言ってよい。 Read more »

承認が欲しかった

Posted 10月 25th, 2013 by bandfags

彼はある女性と出会って、私の所に連れてくることもした。そのときまでには、私が彼の理想世界にしっかり入っていたので、私の承認が欲しかったのだ。誰一人一つの結婚がどうなるかは予測できない。だから、支援的に対応するしかなかった。彼は新しい女性に私のことを話していた。結婚の失敗についても、自分がとても支配的であったことも話していた。この女性は彼と同じ年齢で、彼にはとても現実的に対応しているようであった。私は彼女に尋ねた。「彼はあなたに対してはどうですか。あなたの人生を支配している感じですか」「いいえ。全く逆で、とてもすばらしい人です」「前の人に対しても、はじめのうちはすばらしかったと思いますよ。また同じことが起こるかもしれませんよ」彼は割り込んできて言った。「いいえ。そうはなりません」そのとおり、そうはならなかった。彼女は注意深かった。ほぼ一年たったころ、二人は結婚した。その間に数回彼と会った。事はうまくいっていた。彼の最初の奥さんが一年後に、望みどおりの男性と出会えて幸せだと電話をしてきた。結婚というものがいかに難しいのか、それは結婚後に驚くほど沢山の人妻が浮気を繰り返している、それと同等、それ以上に男性が職場などで浮気をしている、という事実を見ただけでもよく分かりますよね。
人妻出会い

彼女なしに生きられない

Posted 10月 24th, 2013 by bandfags

そして言った。「僕は彼女なしに生きられない」「それはとても劇的な表現ですよね。自殺でも考えているのですか」彼が自殺をしそうだと思った場合は、こんな言い方はしなかったと思う。彼は自殺をするような人間ではなかった。彼の人生は、結婚以外ではかなりうまくいっていた。この言葉は緊張をほぐしたようだった。「いいえ。死のうとは思いません。しかし、しばらくは大変落ち込んだままだと思います。僕は彼女を大変愛していました」「納得できるまで時間をかけたらいいですよ。」「先生は深刻に受け止めてはおられないのですね」「それほど深刻ではないですね。この物語の結末を知っていますからね。大丈夫ということです。」 Read more »

あなたに賭けるわけにはいかない

Posted 10月 23rd, 2013 by bandfags

別れ話の後、それをカウンセラーに相談する人は多いようです。そしてそのようなケースで、まだ彼が彼女の理想世界に入っているなら、修復可能かもしれない。彼にはチャンスがあると思った。彼女が自分のものをいっさいがっさい持って家を出たということは、かんばしいことではない。彼が書いた手紙を読んで、彼女は電話をしてきた。彼女はあまりしゃべらなかった。彼も彼女にプレッシャーをかけなかった。これは賢明であった。彼女はカウンセリングに一緒に行くと言った。彼が予約を入れてきた。彼女はあまりしゃべらなかった。彼は、もう一度やり直そうと感情に訴えるような話し方をした。彼女は注意深く耳を傾けていたが、首を横に振って「いいえ」と言った。 Read more »

創造する自由を感じている創造的な人

Posted 10月 20th, 2013 by bandfags

「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい」(マタイ伝)。外的コントロールは力(パワー)の落とし子であり、自由の敵である。その血のしたたる掟は、同意しない人を殺してでも力を行使せよというものである。これが、世界中で起こっている苦難の主たる原因である。しかし、苦難以上の危機にさらされている。自由を失うときはいつでも、人間の特質でもある建設的な創造的能力が減少したり、失われたりするわけです。創造力は良いものだけではないんですよね。自分を表現する自由がないと感じるとき、あるいは自由に表現しても誰も耳を傾けてくれていないときには、創造性が苦痛を感じさせ、病気にさせることすらありますから。自由に欲求を満足させることができるほど、それだけ自分の創造性を自分のためだけでなく、皆の利益になるように使うことができるようになるわけです。 Read more »