彼女なしに生きられない

Posted 10月 24th, 2013 by bandfags

そして言った。「僕は彼女なしに生きられない」「それはとても劇的な表現ですよね。自殺でも考えているのですか」彼が自殺をしそうだと思った場合は、こんな言い方はしなかったと思う。彼は自殺をするような人間ではなかった。彼の人生は、結婚以外ではかなりうまくいっていた。この言葉は緊張をほぐしたようだった。「いいえ。死のうとは思いません。しかし、しばらくは大変落ち込んだままだと思います。僕は彼女を大変愛していました」「納得できるまで時間をかけたらいいですよ。」「先生は深刻に受け止めてはおられないのですね」「それほど深刻ではないですね。この物語の結末を知っていますからね。大丈夫ということです。」「結末を知っているって、どういうことですか」「それは、すくにあなたは誰かを見つけるということです。その人に対して、今、奥さんに約束したとおりに接すれば、あなたはとても幸せになるはずです。結末というのはそのことです」実際、そのような結末となった。理想世界から妻を取り去るのに数か月かかった。彼はすでに彼女の理想世界からは締め出されていた。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>