承認が欲しかった

Posted 10月 25th, 2013 by bandfags

彼はある女性と出会って、私の所に連れてくることもした。そのときまでには、私が彼の理想世界にしっかり入っていたので、私の承認が欲しかったのだ。誰一人一つの結婚がどうなるかは予測できない。だから、支援的に対応するしかなかった。彼は新しい女性に私のことを話していた。結婚の失敗についても、自分がとても支配的であったことも話していた。この女性は彼と同じ年齢で、彼にはとても現実的に対応しているようであった。私は彼女に尋ねた。「彼はあなたに対してはどうですか。あなたの人生を支配している感じですか」「いいえ。全く逆で、とてもすばらしい人です」「前の人に対しても、はじめのうちはすばらしかったと思いますよ。また同じことが起こるかもしれませんよ」彼は割り込んできて言った。「いいえ。そうはなりません」そのとおり、そうはならなかった。彼女は注意深かった。ほぼ一年たったころ、二人は結婚した。その間に数回彼と会った。事はうまくいっていた。彼の最初の奥さんが一年後に、望みどおりの男性と出会えて幸せだと電話をしてきた。結婚というものがいかに難しいのか、それは結婚後に驚くほど沢山の人妻が浮気を繰り返している、それと同等、それ以上に男性が職場などで浮気をしている、という事実を見ただけでもよく分かりますよね。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>