精神的な援助

Posted 10月 26th, 2013 by bandfags

現実療法を使ったカウンセリングをするとき、今はクライエントに自発的セレクション理論を教えている。彼が妻に去られた痛みを克服し、新しい女性との関係を始めている間に、彼に自発的セレクション理論を教える機会があった。自発的セレクション理論は何が起こったのかを説明してくれた。彼は自分が学んだことを新しい女性にも話したと言う。二人にとってそれは良いスタートを切る助けになったようだ。彼には特に落ち込む選択について教えた。彼が次に同じように落ち込む選択をするような状況に直面したときに、あるいは、誰もがよく選択するような不幸な出来事に出会ったときに、どのようにしたらよいかを教えた。彼が来たときに、長い不幸な人間関係に関わっているか、もしくは、そのような人間関係を失ったか、どちらかであることが分かっていた。これこそ精神科医のもとにクライエン卜が訪れる唯一の理由とも言ってよい。説明したように、問題は妻との関係であろうとほぼ確信していた。ところで、彼が訴えているみじめさを彼が選択しているのだとこちらが主張したことに、驚かれたであろう。これはほとんどの人が信じていることと真っ向からぶつかる。批判に落ち込みのような痛みをもたらす症状の解決を求めて、精神的な援助を得るために、今までここにきたクライエン卜のすべてが信じていることとは違っている。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>