感情の犠牲者

Posted 10月 27th, 2013 by bandfags

落ち込むと、感情の犠牲者となり、どうにもならないと信じてしまう。強い落ち込みが長引くと、たいてい臨床的にはうつ病と呼ばれ、精神病と言われる。今日の一般的な考えによれば、精神病は、脳内化学物質の不均衡が原因とされる。気分を良くするために、患者は向精神病薬が必要であり、うつ病にほとんどの精神科医はすぐにプロザックのような薬の使用を考えるのです。しかし彼の治療に何らかの薬を使おうとは思わなかった。彼が精神病にかかっているとは考えなかった。彼は状況に対処するために落ち込みを選択したのだと考えた。薬を使わず、より良い選択を彼がする手伝いができると考えた。後に、彼に自発的セレクション理論を教えているときに、人は誰でも、誕生からこのかた、行動することしかできないと話した。自分の人生をふりかえり、行動していないときがあったか確かめてみるとよい。重要な意識下の行動はすべて、すなわち基本的欲求の充足に直結するすべての行動は、選択されたものなのです。勝手に行動しているだけでなく、私たちはいつも人生を最も効果的にコントロールできるような方法で行動を選択している。この理論によると、効果的なコントロールとは、私たちの理想世界のイメージ写真を満足させようとする行動をとるということである。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>