ほほ完ぺきに近い安堵の思い

Posted 10月 28th, 2013 by bandfags

彼が来たときに、妻とともにいる自分のイメージ写真を理想世界に拘っていた。彼が自覚していたのは、気分が悪いこと、気分を良くしたいということであった。みじめさをかこったまま無為に過ごすのをやめ、手紙を書いた後は、気分が良くなっていた。問題解決の可能性のあることを一つしたからである。言い換えれば、自分の人生をもっと効果的にコントロールできる何かを自分がしていると信じていたからだ。自分のもとから去っていった女性に愛情あふれる手紙を書くことは、みじめさを選択して何もせずにじっとしているよりも、はるかに効果的である。こうして彼は気分を良くしたのだ。後に、理想世界のイメージ写真を、妻から新しい婚約者に変えたとき、ほほ完ぺきに近い安堵の思いを抱いた。落ち込みのようなみじめな行動を選択することをやめたいときに、できる選択は3つある。①自分の求めているものを変える。②自分のしていることを変える。③両方を変える。ひどい落ち込みを選択しているときでさえ、彼にはより良い選択をする能力があることが、カウンセリングのなかで明らかになった。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>