快感や苦痛という感情

Posted 11月 1st, 2013 by bandfags

常に苦痛か快感に気づいている。あなたは恐らく今この瞬間には、大して感じていない。しかし、あなたがよく感じるみじめな感情はあなたの選択であるという主張、また、思考は常に何らかの感情が伴っているという主張について、あなたは少なくとも、同意か反対かをしながら、考えている。あなたは、自分の感じていることに多くの場合、大して注意していなくても、常に何かを感じている。また、あなたの心臓は鼓動しており、肺で呼吸し、あなたの頭脳は働いている。すなわち、行為、思考、感情を選択するときに、常に生理反応もそこにある。行動は全体的である。全行動の概念を紹介したので、あなたが快感や苦痛という感情を選択していると言うときに、何を意味するかの説明ができる。このような事を理解できているか、できていないかで、一つ一つの行動後の気持ちというのはすべて変わってくるように感じます。今、もし不幸だと感じているなら、それは自分で不幸に能動的に持っていっている可能性も高いわけです。自分が不幸であれば大切な人を幸せにしてあげることなどできませんよね。広いこの世界で何らかの意味があって出会った二人だけの関係性を簡単に壊してしまわないように、幸せにたどり着く選択を意識してしていきたいものですよね。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>