大いなるロマン

Posted 3月 21st, 2015 by bandfags

精子と卵子が幾多の困難をくぐりぬけて出会うことに成功すると受精が起きるわけです。受精が成功するのは、子宮から上に伸びている卵管の奥にある卵管膨大部と呼ばれる場所で、卵子と精子がタイミングよく出会うことができたときだけなんですよね。卵子の寿命は約1日といわれてます。そして精子の寿命は5日前後しかないようなんです。だから卵子と精子が卵管膨大部で出会えるチャンスはいくつかの少ないパターンでしかしかないわけです。ちょうどタイミングよく排卵したばかりの卵子のところへ精子がたどりついた場合。または、排卵が先にあって卵子の寿命があるうちに精子がたどりついた場合。その逆に、先に精子が待っていて、精子の寿命があるうちに排卵した場合ということになるわけですね。数々の試練をのり越えて卵管膨大部までやってきた精子がようやく卵子と出会うことができたとしても、受精できるのはその中のたった1つなわけですよね。卵子と出会った精子は、卵子の周囲にある包みを突破して、さらにその奥にある透明帯と呼ばれるバリアを突き破って卵子の中へ頭をもぐり込ませるわけですね。ようやく本当の意味で卵子に辿り着いたといえるわけですね。本当に大冒険と呼べるようなものですよね。出会い系サイトでお手軽に相手を探してセックスする、なんて行為とは程遠いほどの大いなるロマンがそこにはあるように感じます。
ミントメールでセフレ

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>