あなたに賭けるわけにはいかない

Posted 10月 23rd, 2013 by bandfags

別れ話の後、それをカウンセラーに相談する人は多いようです。そしてそのようなケースで、まだ彼が彼女の理想世界に入っているなら、修復可能かもしれない。彼にはチャンスがあると思った。彼女が自分のものをいっさいがっさい持って家を出たということは、かんばしいことではない。彼が書いた手紙を読んで、彼女は電話をしてきた。彼女はあまりしゃべらなかった。彼も彼女にプレッシャーをかけなかった。これは賢明であった。彼女はカウンセリングに一緒に行くと言った。彼が予約を入れてきた。彼女はあまりしゃべらなかった。彼は、もう一度やり直そうと感情に訴えるような話し方をした。彼女は注意深く耳を傾けていたが、首を横に振って「いいえ」と言った。

「私たちは結婚して四年経ったわ。お世話になったわ。あなたは恐い人ではない。ただ私向きではないの。私がどんなことで心を痛めていたか分からなかったというのなら、そのことがあなたという人間のことを何か教えてくれていると思う。私はまだ二十三歳。あなたに賭けるわけにはいかないの。あなたの話し方は、今はとてもすばらしいと出うわ。でも、それは私がプレッシャーを与えたからにすぎないわ。あなたにとっては、一つのゲームなのよ。あなたは負けたくないのよ。私にとってはゲームではないわ。終わったの。不公正な扱いはしてほしくないの。慰謝料も何もいらないわ。ただ一緒に暮らした間に蓄えたものの一部だけちょうだい。自分でちゃんとやっていけるわ」

彼女は私に礼を言って、部屋を出て行った。彼は長い間、沈黙していた。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>